タイトル
あらすじ
小悪魔的な、Sっ気のある、むっちりナイスバディの女家庭教師のお姉さん(みゆき)32歳。E〜Fカップの巨乳。みゆきは太郎の実母の妹。

自分でそうしておきながら、今まで聞いたことのない妖艶な女性の決して母親である和恵のではない声がもれ出ていた。

先生はぼくがさわったことを知っていた。「どうしてあんなことをしたの。たかしくんは優等生だからあのときは何も言わなかったけど・・・」

変態医師へと化した私と恥らうアンナ奥様との悪戯な治療・・ありえない治療がすすみ、彼女はすでに半裸状態である ・・

義姉は時々義弟が自分のタンスから下着を盗んでいるのを感ずいてた姉は旦那が旅行に行っている時に弟を誘惑しようと ・・・

ママの手が股間をまさぐりわきの下や乳首をくすぐります。「さあ、ママがたっぷり教育してア・ゲ・ル。匂いを嗅ぎながらレッスンを始めるわよ・・」

あきらは突然股間を押さえた。 半ズボンの中でおちんちんがギンギンに勃起しているのである。 顔を赤らめるあきら。響子「どうしたのあきらくん そこ、どうかしたの?立ってごらんなさい、先生に見せて。」
「包茎と早漏が悩みだったわね。ズボンとパンツを脱いでくれる」私は顔が紅潮するのがわかった。「脱がないと診察できないわ・・・」
PAGE 1