(特別割引クーポン券贈呈)

「お姉さんのおしっこ」

ハルオは、姉の下着をこっそり盗んだのを姉に見つかってしかられる。

「お尻をだしなさい、二度としないように、お仕置よ」

ハルオは四つんばいになり、姉はズボンとパンツを脱がせ、お尻を平手でスパンキングします。

でも、その後はやさいいのです。

「ハルオちゃん、ごめんね、強くしすぎたわ」

姉はお尻を優しく撫でて、さらに指をお尻のワレメに入れたり、前の方を触ったりするのです。

「なーに、ハルオはお尻をぶたれて、感じているの。ハルオはマゾなのね」

姉はハルオの耳元でささやきます。

「ハルオちゃん、お姉さんにハルオちゃんのエッチを見せて」

ハルオがうなずくと姉はハルオの頬を平手打ちして命令します。

「ハルオ、そこでストリップしな」

姉の前で全裸になると両手を頭の後ろで組んで回ったり、お尻を高くあげて、

四つんばいで歩き回ったり、姉の言うまま。

「ハルオ、いい眺めよ、お尻の穴も広げて見せな」

「レディの前でよくもそんな恥知らずなことができるわね、変態ハルオ」

姉は言葉でハルオを辱めますが、最後には

「恥ずかしかった? よく言うことをきいてくれたわね、ご褒美をあげる、お口をあけて」

と、ハルオの口の中に唾を垂らして飲ませたのです。

次に姉はハルオの両手首を縛って尋問します。

「ハルオ、私のパンティを盗んでどうしたの、それも洗濯していないパンティを」

「臭いを嗅いでたのね。今日はもっと新鮮なパンティをあげる」

と、姉は腰をくねらせて履いているパンティを脱ぐと、ハルオの鼻先に近づけます。

「どんな匂いがするの?・・・ほら、ここんとこを舐めてごらん」

とパンティのある部分をハルオに舐めさせたのでした。

「女のアソコ、見せてあげようか」

姉はハルオの顔の前に下腹部を近づけます。

「オシッコのでるところも見せてあげる」

姉はコップにオシッコを放出すると、ハルオの鼻先に近づけます。

「飲みたいの?」

姉は、スプーンにすくって飲ませます。

「ねえ、どんな味がするの?お姉さんのオシッコ。もっと飲むの?」

飲ませてしまうと、また頬を平手打ちします。

「とうとう、女のオシッコまで飲んでしまう男になってしまったわね。

もうこの味からは離れられないわ。こんどはウンチを食べさせようね。

そしたら、ハルオはわたしの人間便器になるわ」

姉は縛りを解きながら言います。

「さあ、ハルオちゃんのイクとこ、お姉さん見たいわ。いつもやっているんでしょう、オナニーやってみせて」

姉の視線を浴び、あられもないことを口走りながらイッてしまうのでした 。



渋谷人妻風俗 ママとお姉さん TOP | コンパニオン | 恥辱のメニュー | 音で聴く官能 |
官能劇画 | 風俗対談 | リクルート | FAQ | 比較表 | ホテルリンク | 取材記事 | オプション |
シナリオ | 四十八手 | 裏メニュー | コスチューム | アイテム | パヒューム | 癒し |
問診表 | アンケート | 会員VIP限定 | ジェンダーフリー | ヒールandブーツ |
パンストの愛し方 | 携帯サイト「官能小説モバイル倶楽部」 | 新人応援キャンペーン |
官能レディ出勤表 | 鶯谷人妻風俗 ママとお姉さん |
新橋の高収入求人情報 『JOBS OFFER』 |