金賞 「少年と奥様2人」

(特別割引クーポン券贈呈)

 こっそり、奥さんの下着を触っているところへ、、奥様登場。

(この時、少年は洋服を着ているが、下着は女性のもを着用)

「ちょっと、何してるのぉ!?」

「(もう一人の)奥さん、ちょっと、見てよ。この子ったら、私のパンティーで・・・・・」

(以下アドリブ)

「もうしませんから、許してください」

「そう、言わないであげるから、私たちの言う事なんでも聞くのよ。」

「あなた、私たちの下着で何しようとしてたの?ひとりでいやらしいことしようとしてたんでしょ」

「私たちの見てる前で、してみてよ、僕ちゃんのオ・ナ・ニ・ー」

(少年の両側に奥様ふたりが密着して座る)

少年は、自分が相手の下着を身に付けていることに躊躇して、もじもじしている。

「早くぅ、いつもしてるみたいにしてみてヨ」とズボンを強引に脱がそうとする二人。

かんねんした少年は、思わず声を漏らす。

「やだ、この子ったら、私のおきに入りの履いちゃってるわ!!」

「こんなに目を潤ませちゃって、いやらしい子だわ」

「奥さん、見て、乳首触るとこの子、ピクピクしちゃってるわよ」

(以下アドリブ)

「奥様、こうなったらこの子を女の子みたいに扱って、おもちゃにしちゃいましょうよ」

 (ベットに二人がかりで強引に連れて行かれ、服を半ば無理やり剥ぎ取られる。)

 (★女性2人のコスチュームとしては、ガーター付のセクシーな下着を着ている)

後は、以下の項目を押さえつつ、流れにまかせつつ、アドリブに富んだプレイを楽しむ。

● 二人に、はさまれたり、圧迫されるような密着感のある体制で、体中をもてあそばれる。

● 「私のもちゃんと舐めなさいよ」とペットのように、ふたり交互に奉仕させられる。

● 二人の履いている下着を無理やり顔に押し付けられる。

● 縛りや拘束などをとりいれても可。

●二人がかりのアナル調教で、女の子的に犯される





銀賞

(特別割引クーポン券贈呈)

〜優しく誘惑し、激しく調教するミナミ先生の童貞狩り

  ヌメヌメと光る大きなディルドーが生徒の内臓を犯し

            身も心も淫乱に調教し尽くしていく〜

 

 

今日、僕は面談のためにミナミ先生の部屋を訪問した。

先生は、特に指導する問題もないので面談は必要ないと言った。

「でも、今日の面談はこれで終わったし、先生、君とおしゃべりしたいな。」

先生は綺麗で、いつもキビキビしていて全校生徒の憧れの的だ。

先生とおしゃべりできるなんて、なんてラッキーなんだろう。

僕と先生は、ソファでおしゃべりした。天気や趣味など、つまらない雑談だが

先生はすぐ横に座って、僕の手を取って身を乗り出して聞いてくれた。

先生の体は僕にピタリとくっつき、甘い良い香りがしてきた。

あまり近いので先生の声が耳元で聞こえ、息が首筋にかかるのがわかった。

ミニスカートの太ももや、ブラウスの襟からのぞく胸元も見えてしまい、僕はドキドキしてきた。

すると先生がいつもと違う甘い声で話し掛けてきた。

「先生ねぇ、栗原君のことが好きなの。君は先生のこと好き?」

「好きです!」

「うれしいわ。じゃあ、エッチなことを教えてあげるね」

「は、はい」

先生は僕の服を脱がせ、いろいろなところをやさしく愛撫した。

「おっぱいは優しく触ってね。それから、舌で転がすようにしてみて。

そうよ、うまいわよ。」

エッチの仕方もいろいろ教えてくれた。

そして、僕のオチンチンを見て言った。

「オチンチン、かたーくなってるね。ナメナメしてあげようか」

先生はすごくエッチな音を立ててフェラチオをしてくれた。

すごく気持ち良かった。


「先生にもしてくれる?」

「うん」先生はオマンコの舐め方を教えてくれるのかな。

「パンティを脱ぐの、恥ずかしいから目をつぶっていてね」

「はい」残念だけどしかたない。僕は目をつぶった。

「目をあけても良いよ」

目をあけると、信じられない光景が目に入った。

先生の腰から、大きなオチンチンが突き出ていたのだ。

驚いている耳元で先生はささやいた。

「先生ね、君みたいな可愛い男の子を見るとイタズラしたくなっちゃうの。

ずっと我慢してたんだけど、今日は我慢できなくなっちゃった。

今日はエッチなこと、たくさんして君をメチャクチャにしてあげるからね。

ほら、先生のオチンチンにも同じことして」

先生は冷酷な目をして笑うと、僕を押さえつけた。

女の人とは言え、大人の力には勝てず、太いオチンチンが口に入ってきた。

「ンムム」

「ふふ、君の口、犯しちゃった。でもこれで終わりじゃないわよ。」


先生は僕の頭をつかみ、腰をいやらしく振った。

そのたびに喉の奥までオチンチンが突き刺さり、意識が遠くなってきた。

「ふふふ、オチンチンくわえて、よだれ垂らしてウットリしちゃって。

エッチな子ね。あとでお尻も犯してあげようかな。

こんな大きなオチンチンでお尻を犯されたら、もう普通のエッチじゃ満足できない体になっちゃうけどね。

どうする?」

「んむぅ、いぁえう」

「あら、聞こえないわね。先生に犯して欲しいのね。嬉しいわ」

先生は僕の口からオチンチンを抜いた。

唾液の糸を引きながら、先生の黒く光る大きなオチンチンが口から離れていった。

「怖がらなくても大丈夫よ。ゆっくり開発してあげるから。

お尻で感じちゃう変態の男の子にしてあげるんだから。」

「いやー、やめてー」

「だーめ」

先生はうれしそうに言うと、僕の調教をはじめた。

先生は、いろいろなモノで僕をいじめた。嫌がると厳しく叱られた。

でも、そのたびにご褒美に優しく誉めて愛撫したり、おっぱいを舐めさせてくれたりして、

僕は気持ち良い事と嫌な事がすっかり混乱してボーっとしてしまった。

そして、とうとうオチンチンの先端が僕のお尻の穴にピタリとあてがわれた。

「いやぁ、許して下さい」

「ダメよ、さっき聞いたときに嫌がらなかったもの」

「そんな、だってあの時は口の中に先生のアレが・・・、ああっ」

先生のオチンチンが、お尻の穴の肉を押し広げながら僕の中に入ってきた。

僕は先生の調教のせいですっかり力が抜けて、逃げることができなかった。

「ほら、段々先っぽが入ってくよ。ズブズブって。フフフ。

君のお尻の穴、一生懸命広がってオチンチンをくわえてるよ。ああ、もう先っぽが入っちゃった。」

先生は僕が犯されていく様子を細かく言い聞かせた。

「先っぽが入っただけだから、今やめれば、まだ普通の男の子に戻れるかもね。抜いて欲しい?」

「お願い、苦しいんです。抜いて下さい。」

「じゃあ、抜いてあげるね。でも、きつくて抜きにくいわ。」

先生はお尻の穴を広げるようにオチンチンをクネクネと動かした。

「あああっ」

「あら、抜くのが嫌なの?じゃあ、もっと深く入れてあげる」

先生は腰を突き入れてきた。「ひぃっ。違います」

「あらごめんなさい、でももう全部入っちゃったわよ。うふふ。きつくて、

ヌメヌメしててエッチなお尻ねぇ。

シュン君のお尻の穴、先生のオチンチンの形に広がってる。

君は今、自分のより大きなオチンチンでお腹の中まで犯されてるの。

君はエッチな男の子だから、それが気持ち良いんでしょう?」

「そんな、違いますぅ」

「でも、君のオチンチンもかたーくなってるよ?」

気が付くと、僕もすごく勃起していた。

先生はゆっくりと、でもさらに奥までオチンチンを突き入れた。

「ひぃっ」

「先生に嘘をついた罰よ。うふふ、どんな感じか言ってごらん」

「先生が動くたびにお尻の穴が熱くて、ああ、先っぽがお腹の中まで届いてます。

オチンチンのカリがお尻の中の壁をえぐってます、

あああ、頭の中がボーっとして、モノが考えられないよお」

「良く言えました。偉いわね。じゃあ、見ていてあげるから、お尻を犯されながら

いっぱいイッちゃいなさい」

「いやぁ、いっちゃうよぉ、見ないで下さい、恥ずかしいよぉ」

先生に見られているのがすごく恥ずかしかったけど、

僕は我慢できずに射精してしまった。

「ふふ、先生に見られてるのに、ミルク出しちゃったね。こんなに沢山。」

先生は、僕の射精した精液をすくい上げると、力が抜けて動けなくなっている

僕の目の前に突き出した。

「いつもこんなにいっぱいミルク出してるの?エッチな子ね」

「そんな、もっと少ないです」

「じゃあ、お尻を犯されてたからこんなに沢山出したのね。もう立派な変態ね。

普通のエッチでは満足できない身体になっちゃってるわよ。」

「そ、そんなぁ」

「口答えしないの」

先生は、罰として僕のオチンチンを精液でヌルヌルになった手でしごいた。

射精したばかりで敏感になっていたオチンチンをこねくり回されて、

思わず悲鳴をあげてしまった。

「ひゃあっ」

「ふふ、情けない声出しちゃって。かわいい子ね。

先生の手を口できれいになさい。」

先生は手についた精液を僕に舐め取らせた。

「ふふふ、自分が出したミルク、おいしかった?

明日から、もっとすごいことしてあげる。毎日先生の部屋にくるのよ」

「はい…」ああ、あの綺麗で凛々しい先生とこんなことになっちゃうなんて。。。。


僕がお風呂で体を洗っていると、突然母が入ってくる。

いやがる僕に「たまにはいいじゃないの」といって、タオルを取り上げて僕の体を洗い出す母。

 母に体を洗ってもらっていると、僕は母の裸を見て思わず勃起してしまった。

それを見た母は、思わず吹き出しながら

「ママを見てこんな風になっちゃったの?ねえ答えて」

と僕をからかうように聞き、僕に「うん」と言わせると

「うれしい」といいながら、僕のオチンチンをしごき始めた。

 母は「気持いい?」と僕に聞いた後、今度は僕のものを口に含んでくれる。

母の激しい舌使いを堪能した後「僕もママのあそこなめたい」というと、

母は足をひらき、あそこを両手でひろげて「いっぱいなめて」と僕を誘っ
た。
僕は母のあそこにむしゃぶりつき、指を入れた。

 母は僕の頭を優しくなでながら喘ぎ声をあげている。

その後、シックスナインの体勢になり、お互いを刺激し合い果てる。

盛り上がった勢いで「僕、ママのことがずっと好きだったんだ。僕の彼女になって」

と告白すると「ママが彼女になってあげる」と受け入れてくれる。

そして母との熱いディープキスを交わし余韻を楽しむ。

 風呂場を出て、母といちゃつきながら、そのままベッドへ。

キスの後、母が僕の乳首を入念に責めてくる。そして脇腹をなぞり、オチンチンへと下がっていく。

今度はサオに加えてタマまで丁寧になめてくれる。

次は僕が上になり、お返しに母のオッパイを激しく責めたてた後、母の秘部へ。

丹念になめていると「ああ、もっとちょうだい」といいながら、母は僕の顔の上に馬乗りになり腰を振りだす。

母のあそこがビショビショに濡れてきたのを確認した後、もう一度母を寝かせ

「ほらママ」とバイブを取り出して、母の口の中に入れて弄び、

唾液でビショビショにしてから母のオマンコに突っ込む。

母に自分の足を思いっきりひろげさせながら、バイブを激しく出し入れしていかせてあげる。

 今度は僕が、母の顔の上にまたがって、オチンチンを口の中に突っ込む。

母は、両手で僕のおしりをしっかりつかみながら、口の中では、まるで別の生き物のように舌を動かしている。

興奮した僕は、母の口がオマンコになったかのようにオチンチンを激しく突いた。

「気持いいよママ! 最高だよママ! もういきそうだ!」

いく瞬間、母の口からオチンチンを抜き

「ママ! 舌出して! 舌出して!」

と叫び、母の舌の上に放出する。

しばらくお互い抱きしめ合い、心地よい疲れを癒す。

 その後、母は僕の体をシャワーで洗ってくれる。

僕は先に湯船に入り、母の方は僕に背を向けシャワーを浴びている。

ベッドでかわいい痴態を見せてくれた母が、なんだか急にいとおしくなり、母のおしりにキスをする。

「ママ大好きだよ」







銅賞

(特別割引クーポン券贈呈)

ハルオは、姉の下着をこっそり盗んだのを姉に見つかってしかられる。

「お尻をだしなさい、二度としないように、お仕置よ」

ハルオは四つんばいになり、姉はズボンとパンツを脱がせ、お尻を平手でスパンキングします。

でも、その後はやさいいのです。

「ハルオちゃん、ごめんね、強くしすぎたわ」

姉はお尻を優しく撫でて、さらに指をお尻のワレメに入れたり、前の方を触ったりするのです。

「なーに、ハルオはお尻をぶたれて、感じているの。ハルオはマゾなのね」

姉はハルオの耳元でささやきます。

「ハルオちゃん、お姉さんにハルオちゃんのエッチを見せて」

ハルオがうなずくと姉はハルオの頬を平手打ちして命令します。

「ハルオ、そこでストリップしな」

姉の前で全裸になると両手を頭の後ろで組んで回ったり、お尻を高くあげて、

四つんばいで歩き回ったり、姉の言うまま。

「ハルオ、いい眺めよ、お尻の穴も広げて見せな」

「レディの前でよくもそんな恥知らずなことができるわね、変態ハルオ」

姉は言葉でハルオを辱めますが、最後には

「恥ずかしかった? よく言うことをきいてくれたわね、ご褒美をあげる、お口をあけて」

と、ハルオの口の中に唾を垂らして飲ませたのです。

次に姉はハルオの両手首を縛って尋問します。

「ハルオ、私のパンティを盗んでどうしたの、それも洗濯していないパンティを」

「臭いを嗅いでたのね。今日はもっと新鮮なパンティをあげる」

と、姉は腰をくねらせて履いているパンティを脱ぐと、ハルオの鼻先に近づけます。

「どんな匂いがするの?・・・ほら、ここんとこを舐めてごらん」

とパンティのある部分をハルオに舐めさせたのでした。

「女のアソコ、見せてあげようか」

姉はハルオの顔の前に下腹部を近づけます。

「オシッコのでるところも見せてあげる」

姉はコップにオシッコを放出すると、ハルオの鼻先に近づけます。

「飲みたいの?」

姉は、スプーンにすくって飲ませます。

「ねえ、どんな味がするの?お姉さんのオシッコ。もっと飲むの?」

飲ませてしまうと、また頬を平手打ちします。

「とうとう、女のオシッコまで飲んでしまう男になってしまったわね。

もうこの味からは離れられないわ。こんどはウンチを食べさせようね。

そしたら、ハルオはわたしの人間便器になるわ」

姉は縛りを解きながら言います。

「さあ、ハルオちゃんのイクとこ、お姉さん見たいわ。いつもやっているんでしょう、オナニーやってみせて」

姉の視線を浴び、あられもないことを口走りながらイッてしまうのでした 。





その他佳作

(特別割引クーポン券贈呈)

(ボク三才 保育園 おねしょが治らないのでママ困ってる)

ボクいい子だからおねしょ治るまでオムツしてねんねしましょうね

ヤダヤダ、ボク赤ちゃんじゃないもん

おねしょする子は赤ちゃんよ

ママ、約束するよシーシーしたくなったらママ起こすから

ほんとに?お約束できるかな

だいじょうぶだよ、お約束守るから

じゃーママとお約束

(指きりげんまん)

ボクおやすみ、いい夢みるのよ

(翌朝)

ボク、保育園に遅れるわよ早くおきなさい

うーん、うーん

ボク!またおねしょしたのね、昨日ママとお約束したよね、もうおねしょしないって!

ごめんなさい

ごめんなさいじゃないでしょうお約束守れない悪い子はママはゆるしません!

ごめんなさい、ママ

いくらボクが泣いてあやまっても今日とゆう今日は許しません

(お尻が真っ赤になるまだママのお仕置き)

ボクはがまんが足りないのよね、我慢すること覚えようね

(次は、お浣腸のお仕置きです)

いい子にしてるのよ、いたくないから

ママ、お腹痛いよ〜もうでちゃうよ〜

(トイレでん〜ん〜)

ほんとに我慢のない子ね!

(お尻ぺんぺん)

いいこと、もう一度お浣腸よボクが我慢できるまで何度でもするわよ

(ボク、許しが出るまでがまんできた)

ボク、よく我慢できたね〜いい子だったわね〜

(いい子いい子)

これからママのいうこと何でもきくよ

じゃ今日からおねしょが治るまでオムツしてねんねよ

うん、でも保育園のお友達にはいわないで

いいわよ、恥ずかしいもんねママのいうことよくきくいい子だったら

いわないわよ

(ボクはオムツをされてママにやさしく添い寝してもらいました)


僕は、ママの事が大好きです。

だから、ママの目を盗んで、洗濯籠の中に入っているママのパンツを

毎日自分の部屋に持ち出してしまいます。

そして、ママの香りを嗅ぎながらオナニーをしてしまうのです。

そんなある日の事、パパが出張でいない日の夜に、全裸になっ

て、いつものように、ママのパンツを舐めながらオナニーをし

ていて、後少しでいきそうになった時、突然部屋のドアが開いたのです。

そこには、ボンテージ姿のママが立っていたのです。僕は何も

出来ずにただオチンチンを大きくしたまま、ママを見つめていました。

ママは部屋に入ってくると、ベットの上のいる僕の隣に座りました。

「ねえ、武君が手に持っているものはなあに」とママが聞きます。

僕は答えることが出来ません。

「ねえ、武君。ママは怒っていないから答えて」といつもどおりのやさしい声です。

「ママ、ごめんなさい。」

僕はやっとの事で答えます。

「いいのよ。ママはずっと前から、武君が、ママの下着を洗濯

物の中から持ち出しているのは知っていたのよ」

「今日は、パパもいないから、特別に武君を調教してあげようと思ってきたのよ」

「調教!」

僕はちょっと驚いて聞き返しました。

「そう。調教。ママは武君のことは何でも知っているのよ。ベ

ットの下にヤラシイ本をいっぱい持っていることも。」

僕は、「女王様バイブル」や「家畜人」などのM男系の本をた

くさんベットの下に隠して持っています。

それをママが知っていたなんて、パンツを盗んでいたことも知

っていたなんて、僕は気付いていませんでした。

「ママ、ごめんなさい。でも本当に怒っていないの?」

僕は不安でたまらずにママに聞きました。

「何について怒っていると思っているの」

ママは、僕の口から恥ずかしいことを言わせようとします。

「ママのパンツで、オナニーしていることや、エッチな本を読んでいることを」

僕は恥ずかしくてうつむいたまま話します。

「そう。武君は、ママのパンツで、毎日オナニーして、エッチ

なマゾ本を読んでいるのよね」

ママはワザと繰り返します。

「大丈夫。ママは本当に怒っていないから。だからママを見て」

僕の目の中には、いつものママより魅力的なボンテージ姿のママがいます。

「ママ・・・」

僕はそれ以上話すことが出来ませんでした。

「大丈夫、安心して。これからママが武君をちゃんと調教してあげるから」

ママが優しい声で、僕を抱きしめてきました。

久しぶりにママの胸の中に顔をうずめることが出来、また、マ

マが本当に怒っていないことらしいことが分かって、僕は安心しました。

安心してくると、さっきまで縮んでしまっていた僕のオチンチ

ンは、さっきいきそうになっていた状態よりもさらに大きくなってきました。

「あら、武君のオチンチンが大きくなってきた。」

ママが嬉しそうに声を出しました。

「ねえ、本当にママが調教してもいいの」

ママが聞きます。

「僕は、いつもママに調教してもらえる日が来ることを夢見ていました」

僕は本心から答えました。

「ママも嬉しいわ、それじゃ本当にママでいいのね」

「ママ以外の人には興味がありません。ママでなければ、調教

なんてされたくありません」

僕はママを本気に見つめます。

「それじゃあ、調教を始めるわよ、武君、ママの事を喜ばせてね」

ママが笑顔で宣言しました。

「はい、女王様、ヨロシク御調教お願いいたします」

ベットに手と頭をつけてご挨拶をしました。

「奴隷は、ベットから降りて、床の上で、挨拶するものよ」

ママが厳しく躾けます。

「ごめんなさい」

僕はあわててベットから降り、あらためて土下座します。

「女王様、ヨロシク御調教お願いいたします」

「まず、私の足を舐めなさい」

ママが、黒いストッキングにくるまれたきれいな足を僕の顔に向かって伸ばしました。

ママの足は、石鹸の味だけでなく、甘い味がしました。

憧れのママの足を舐めている。そしてママに舐めることを許さ

れている。僕は長年の夢が叶い、思わず涙が出てきました。

「ママの足を舐めることがつらいの」ママが僕が泣いているのを見て、聞いてくださいました。

「ママに調教されるという、長年の夢が叶って、うれしくて泣いてしまいました」

ママのつま先を舐めながら、ママを下から見上げながら、答えます。

「こんなに喜んでくれるなんてママも嬉しいわ」

ママが僕の手から足を振りほどきながら話します。

「こっちにきて」

ママがベットの上をたたきます。

「失礼します」

僕はママの隣に座ったその瞬間、ママが僕にキスをしてきてくれました。

初めてのキスです。大好きなママからのキスです。

僕の頭は、あまりにも幸せすぎるできごとに朦朧としてきました。

キスをしながら、ママの左手は僕の頭を抱き、右手が僕の大き

くなっても包茎のオチンチンを触ってくれます。

右手が3回ほど上下に動いた時、僕はあっという間に、いってしまいました。

その後のことは、僕は覚えていません。

至上最高の快感のため、僕は気を失ってしまったのです。

翌朝、目が覚めると、ママのパンツを穿いて寝ている自分がいました。

服を着替えて、リビングに行くと、ママが笑顔でむかえてくれました。

「武君、おはよう。夕べはよく眠れたみたいね」

「ママ、おはようございます」

僕は恥ずかしくて、うつむきながら答えます。

「武君、夕べのママの下着はどうしたの」

ママは、リビングからキッチンに移動しながら聞いてきます。

「洗濯籠の中に戻してきました」

僕が答えると

「ダメよ。これからうちにいるときは、ママのパンツを穿いて

過ごすのよ。いいわね」

ママが笑いながら話します。

「はい、ママ」

夕べの出来事が決して夢でないことを実感しました。

「朝食が終わったら、早速調教を始めますからね。」

ママがいつものように食事を並べながら、いつもとは違うこと

を話します。

その言葉聴きながら、僕のオチンチンは大きくなってしまいました。

「あら、武君のオチンチンが大きくなってる。夕べみたいに、

一人でいっちゃだめよ。いったらおしおきよ。」

ママが、僕のオチンチンを服の上から触ってきてくれます。

これから毎日ママの調教を受けられる僕は世界一の幸せ者です。



近所の仲良しの奥様の浮気相手の男の子・・・。 いつも仲のいいあのお奥さんが自慢気に話してくる・・・・・。

旦那とは全然違う、若々しく引き締まった身体、力強さを漲らせたアソコ・・・・・。

可愛い顔とは裏腹に逞しく大きい・・・・。

おとなしそうに見えて、ベッドの上では力強く、激しい・・・・普段は可愛い男の子

と思っていたけどやっぱり”男”・・・・・いえ、”オス”だということがその時にわかったという・・・・。

そんなことを私が聞いてるとも知らず今日も何気なく朝すれ違うと挨拶をしてくるあの子・・・・。

私も何気なく挨拶を返す・・・・・。

だが、ある日思う・・・そんなにスゴイのかしら・・・・?

そして、思う・・・確かめてみたい!

そう思った瞬間、私の口から自分でも信じられない言葉が・・・・・

「ねえ、ウチに今から来る?」

一瞬戸惑ったような顔をした男の子・・・・だが、すぐに全てを理解したように微笑み頷く。

部屋に誘い、いきなり私からキスをした・・・・・驚いたように身体を堅くするがす

ぐに舌を絡めてきた・・・・・私は貪るようにしながらソファへ押し倒し、服を脱が

してあげる・・・・逞しく若々しい身体が・・・・・私も服を脱ぎ、上に覆い被さる・・・・。

唇を貪り、身体を舐め回してあげる・・・・・乳首を舐めると感じるようで可愛く身

体をよじらせる・・・・ふふ、可愛いわね・・・・・スゴイって聞いてたけどまだま

だね・・・そんな思いが私の胸のなかに浮かぶ・・・・

だが、股間に手を伸ばし、アレを掴んだ瞬間に驚きと悦びが走る!!

スゴイ・・・・・可愛い見かけからは想像できなかったほどに堅く逞しく大きいアレ・・・・・。

こんな、可愛い男の子にこんなのが付いてるなんて・・・・・。

おそるおそる、ズボンを脱がす。

反り返っている・・・・力強く漲っている!今にもはち切れそうなほど・・・・。

「ああ・・・・・すごぉい・・・・・・」

自然と吐息が出て夢中でむしゃぶりつく・・・・根元は手でしごいてあげる!

男の子は顔を歪め、気持ちよさそうな声を出している。

それを見て、より舌を絡め頭を一生懸命に上下に動かす!!

可愛い・・・・イキそうなのね・・・ふふ・・・・・そう思いながら、口の中で堅く

脹れ上がってくものをしゃぶってると私の心が勝ち誇ったような気持ちになる・・・・。

だが、いきなり口から抜き出される!!

「あ、ああん・・・・・・」

思わず、自分でももの欲しそうな声が出てしまう・・・・・。

男の子はそんな私の心を見透かしたように微笑み、軽々と私を抱え上げる!!

なんだかわからないうちに四つん這いにされ、後ろからアレを押し込まれる!!

もう、すでに濡れていた私のアソコはなんなく受け入れる・・・・アソコも、そして

頭の中もいっぱいになるように彼のが押し入ってくる!!

「あ、あああ!!・・・・す、すごい!!・・・・すごいよぉ!!」

自分でも信じられない声が出てしまう・・・・・腰が振られる・・・・・合わせるように私も腰を

振ってしまう・・・・・力強く逞しい腰使い・・・・ああ、こんな動き方知ってるな

んて・・・・・こんなにすごいなんて・・・・・思い浮かべてたのとはとは違うわぁ・・・・・。

彼のギャップに驚きながら、すぐに私は登り詰めてしまう。

それを察したかのように腰がより激しく動く!!

「あ、ダメ!!・・・・イ、いく!・・・イッちゃう!!」

ソファに突っ伏し自分のアソコがひくつくのがわかる・・・・彼のが脹れ上がり、一気に弾ける!!

熱い液体が信じられないほど大量に迸り出る!!

彼が私の上にグッタリと覆い被さる・・・・・・。

すごかった・・・・・・・確かにあの奥さんが自慢するだけはあるわ・・・・

ふふ・・・・でも・・・今日からこの子は私の浮気相手になるのよ・・・・・・

これから私の虜にしてあげるんだから・・・・・。

「ね、1回で終りじゃないわよね・・・・?」

彼は微笑んだ・・・・・私がそう言うのがわかってたように・・・・・。

もしかしたら、虜になるのは私かもしれないと思いながらも再び快感の中へと飲み込まれていった・・・・・。


こんばんは、「渋谷官能小説倶楽部」のサイトを拝見し、

ある意味、昔の感動を思い出だしました。 僕(ひろし)は、現在29歳の未婚。

姉(ともみ)は、30歳で子供も2人います。

あれは、ちょうど12年も前になりますが、

夏休みに入ったばかりの7月下旬のことです。

僕は高校三年生。姉は保育の短大1年生でした。

決して綺麗ではありませんが、少しぽっちゃり目で、目はパッチリ、

おっぱいは大きいし、抱き心地はとてもいい姉です。

両親は共働きで土日以外は当然、仕事でいませんでした。

その平日のある日、洗濯物を干すのに姉が僕の部屋に来ては、

「ひろし!布団干すから起きなさい!」と敷き布団まで

剥ぎ取り、僕は部屋の床に転がりました。。。

不貞寝をしていた僕ですが、

その時です!

姉が僕をまたいでベランダへ洗濯物を干しているのです!

洗濯機のある風呂場との往復を繰り返し、

僕をまたいで行く度に姉のスカートの中を覗き見てしまいました!

薄いブルーにフチには白いヒラヒラ。。。

昔から、姉がオナニーをしていたことを知っていた僕は、

あそこだ!!と思った瞬間、思わず勃起してしまいました!

しかし、そこは姉弟、そんなことでは・・・・。汗


洗濯や布団干しが終わり、お昼頃となり、

姉が「ひろし〜お昼食べないともう無いよ!」という声が。。

下の台所に降りると

「チャーハン冷めないうちに食べてね!

食べたら水につけておいてね!!」

「明日からの合宿の準備するから・・・」と言って

姉は、部屋に戻りました。。。。

昼を食べ終わりのんびりしていると、姉が

「ひろし!見て見て!」「合宿のために買っちゃった〜!」と

なんとテニスウェアーに身を包み、ラケットを持って部屋を出てきたのです!

・・・・うっ!かわいい♪汗

白のウェアーは、腕のところが水色のストライプ

何と言っても短いスカートにアンダースコート。。。

胸のところはブラのラインだけでなく、

ブラ・シャツ越しに乳首が・・・・。

あやしい太股と一緒に見た僕は、

またまた興奮状態。。。。

興奮している僕のことを知って知らずか?

「明日から姉ちゃんいないからって、グウタラしてたり、

女の子連れてきたりしたらだめだよ!」と言い残し、

部屋へ戻っていきました。。。

もやもやしながらもテレビを見て、

自分の部屋に戻ったら、ビックリしました。。。

なんと姉貴が、僕のベッドでベランダから取り込んだ布団の上

に、横向きでテニスルックのまま寝ているではありませんか・・・?

布団の気持ちよさでつい寝てしまったのか?

声をかけても起きず、僕には悪い虫が。。。。

聞こえてしまうのではないかと思うくらいの

胸の高鳴りの中、姉を触らないように

スカートの中を覗いたり、胸元を覗いたり・・・

思わず股の股のスカートをめくり、

デルタ地帯をじ〜ーーーっと見入ってしまい。。。

ツンと出ている乳首を指先で触り。。。

そーっと胸全体をなぞり。。。

スコートの下には、さっき覗いた水色のパンティー。。。

うちももをなぞりながら触ってしまいました。。。


その時、

「う〜〜ん?」と姉は寝返りをうち、仰向けに。。。

起きたのかと思ってドキドキが最高潮に・・・・

しかし目を覚まさず、仰向けになった姉貴は、

余計に大きな胸のポッチは目立ち。。。

足の間から見えるデルタ地帯は覗き放題。。。

僕は耐え切れず、

姉の太股からデルタの方へと唇と舌を。。。

時々手が動いたものの姉は起きません!

パンティーの淵からの指を滑り込ませ、

あそこへと指を伸ばしていきました。。。


姉が「うっ!」っと声がもれたものの

まだ起きず。。。ビビリながらも触れていくと

毛はぼうぼうでしたが、あそこはお漏らししたように

かなり濡れていました。

さらに指を入れた瞬間、姉に手首を捕まれ。。。

「ひろし!あんた!なにやってるの?怒」

姉が起きてしまいました。。。

ものすごく気まずい雰囲気と罪悪感でいっぱいで、

「姉ちゃん!ごめん!ごめん!ごめん!」っと

何度も謝りました。。。。

ところが姉は、

「さっき、洗濯物干しに行ってたとき、

あたしのスカートの下から覗いてたでしょ!?」

と言われ、親父に言われるのではないかと・・・

余計に生きた心地はしませんでした。

すると追い討ちをかけるように、

「あたしがオナニーしてたの覗いたり、壁越しで

聞いたり、あたしの部屋で下着いじったりしてたでしょ?!」

と言われ。。。

最悪の事態がやってきま

した。。。。

なぜばれていたのか。。。。

ひたすら謝って親には内緒で。。。と懇願すると

姉は、「今、そこでオナニーしてみて!」と

行ってきたのです。。。。

耳を疑いました。。。

「あたしのを見ておいて、自分のは見せない気?」

「男のオナニーって見たことなくて見たかったんだ!!」

と言われて。。。

渋々しごいても反応せず。。。

「ひろしHなビデオあるんでしょ?それ見ててもいいから・・」

と言いなりになって始めても、なかなか・・・・

「インポなの?」と言われたくらいです。。。

そこで、「姉ちゃんがオナニーをしてくれたら立つよ!」とい

うと、姉貴は、テニスルックでオナニーを始めてくれたのです。

初体験をしていない俺が、コスプレ・オナニー・姉貴と

この三本柱の刺激ですぐに元気となり、

いってしまいました。。。

姉貴は「あ〜!飛んだ飛んだ。。。」と喜んでくれました!

「じゃあ、しごいてあげると」

僕の息子を手にして口でくわえ始め、フェラをしてくれたので

す!でも、こんな刺激は初めてですぐにいってしまい、

姉貴の口の中へ2回目を目いっぱい放出してしまいました!

飲んではくれませんでしたが、姉の口の中に放出した快感は

今も忘れられません。。。

「今度は、姉ちゃんを気持ちよくして〜」と言われ

僕は、あらゆる知識を使って、めいっぱい頑張りました!

テニスウェアーの胸元から手を入れて胸を刺激し、

方や太股からデルタ地帯を。。。。

また大きくなっている僕の息子は、

姉貴の真あたらしいスカート越しにお尻に触れ。。。

足を開いて立っている姉の太股からデルタへ。。。

姉貴は、俺の頭に両手をつかみ、立っていられないのか?

「あっ!あっ!あ〜ん!」と言いながら体重をかけてくる。。。

俺のベッドにある取り込んだ布団になだれ込むと

より一層、スカートやウェアーをまくり上げ、

ブラも上にずらして揉んだり、舐めたり、指先で・・・・

我慢できなくなった俺は、スコートとパンティーを

ずらすと、姉貴は「ダメ!入れるのはダメだよ!」って

手で抑えたのです。。。

でも、俺は「違うよ!あそこを舐めてあげるんだよ!」と

言うと姉貴の手は力をゆるめ手を離しました。

引き摺り下ろしてもテニスのスカートだけ。。。

これがまたいやらしい。。。

上も着たままブラだけを取りました!

まさにテニスルックのまま。。。。

クリや中を刺激するたびに

「あ〜っ!あっ!あ〜っすごい!ダメ!」と

声をあげてピクピク反応する姉を容赦なく責めました。。。

すると「あ〜っもうダメ!いく〜いくっ!」と

上体を反らし、ピクンピクンしながらいってしまいました。。。

一度いったあそこは、またより一層感度が良くなり、

「ダメ!○○!ダメ!またいっちゃう!」

「おしっこもれちゃいそうだからダメっ!」

その時です。あふれるばかりの滴り落ちるH汁。。。

素早く動かし、同時にクリも刺激している俺の手元から周囲に

飛散ってんでいってしまったくらいにあふれてる。。。

飛び散りながら姉貴は昇天してしまい、動かなくなってしまいました。。。

少しして「ひろし、どこでそんな技覚えてきたの?」と聞かれ

「俺は、まだ童貞だよ!」っていうと

「淳子ちゃんとまだしてないの?」という姉。。。

今度は、笑いながら「童貞、姉ちゃんがもらってあげようか?」

って言うのです。。。。

また気が動転したものの、したかった俺は、

「いいの?」と聞くと

姉貴は、「あたしでいいならね♪」

俺は、思わずまた姉貴の胸にかぶりつき、

吸っては揉んで、舐めてはクリを刺激して・・・・

姉貴の顔をまともに見れなかったけど、

いつも壁越しで聞いている声をまじかに聞けて

息子も元気びんびん♪

ゴム持ってないよ!っていうと

「ゴム付けたら、童貞奪う意味ないでしょ!?」

「安全日だから思いっきりしていいよ・・・」

「いくときは外に出してね♪」って

そうです!初体験が生だったのです。。。

入れてみると最初はきつかったのですが

生暖かい感触が。。。。

正常位から抱っこでピストン運動していると

あそこの中から、生暖かいものが。。。。

気持ちいい♪

それから姉貴がいった声を聞いて、

そのあと姉貴のお腹の上にいってしまいました。


その日は、それだけでしたが、

姉貴が合宿から帰ってきたら求められ。。。

夏休み中にどこにも行かずに何度も求め合ってました!

それから姉貴が結婚するまで、週一回だったり、

月に一回だったりと求め合いました!

結婚してからは無かったのですが、

最近、お義兄さんとうまくいってないらしく、

電話で姉貴が求めてきたので、そのままの流れで

テレフォンSEXを初めてしてしまいました。。。

また元に戻ってしまうのでしょうか?


 


鶯谷人妻風俗 ママとお姉さん TOP | コンパニオン | 恥辱のメニュー | 音で聴く官能 |
官能劇画 | 風俗対談 | リクルート | FAQ | 比較表 | ホテルリンク | 取材記事 | オプション |
シナリオ | 四十八手 | 裏メニュー | コスチューム | アイテム | パヒューム | 癒し |
問診表 | アンケート | 会員VIP限定 | ジェンダーフリー | ヒールandブーツ |
パンストの愛し方 | 携帯サイト「官能小説モバイル倶楽部」 | 新人応援キャンペーン |
官能レディ出勤表 | 渋谷人妻風俗 ママとお姉さん |
新橋の高収入求人情報 『JOBS OFFER』 |